まずはヘルペスウィルスを知っておこう!

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
email this
Pocket

ヘルペスになった時、家族と同居であれば周りへの対処と言うものが必要になります。

病院などに行って治療をする際に、そのような説明があるかと思うのですが、非常に感染力が高いのがその特徴なのです。

ヒトヘルペスウイルスはHHVと略して呼ぶことが多いのですが、1~8型にまで細かく分類をされています。

症状や部位によって、多少の治療差はありますが、一般的には抗ウイルス薬を服用したり患部に塗り薬を塗ることが治療となります。

しかし治療だけではなく、治癒までの間は日常生活で気をつけなくてはならない事が沢山あるのです。

例えば、タオルなどの使いまわしです。

タオルからウイルスを媒介させてしまう可能性がありますのでくれぐれも注意しましょう。

また、性行為なども避けたほうが無難でしょう。

場合によっては、キスなどで感染をするという事もありますので気をつけてください。

入浴の際にも同じお湯に入ることで、感染してしまう場合がありますし、母子間での感染もあります。

授乳などをしているという方は、医師の指示を仰いで、その間だけはミルクを利用するなどの対策をするようにしましょう。

ヒトヘルペスウィルス (HHV)感染をしてしまったら、第三者に広げない。

そういった意識が大切になってくるのです。

Copyright© 2014 家族のためのヘルペス治療 All Rights Reserved.